<   2010年 06月 ( 7 )   > この月の画像一覧

またまた網走

f0209434_11433810.jpg
私が北海道を飛び始めて知ったのですが、「時鮭」と書いて「時知らず」と読む貴重な鮭があります。いつもの網走のスーパー・ベイシックで見つけました。
時鮭は、ロシアのアムール川あたりから下りて来てまだ成長途上の状態で獲れる鮭のことで、若い分、栄養素が体に凝縮されているので油のりも身の締まりも抜群です。
時鮭は時期はずれの5月~7月位に北海道太平洋沿岸を通って行きます。特に日高の沖で獲れた物が一番良い状態です。

そして「鮭児」というのもあり、幻の鮭と言われるくらい獲れる数は少なく、10月~11月位に秋鮭の中に数千本に一本の割合でオホーツク沖で水揚げされます。


どちらを食べてもとにかく「うまい」の一言です。
f0209434_11532745.jpg
f0209434_11534364.jpg
お気に入りのベイシックの鮮魚売り場です。ウニの季節ですが、安いですね〜。 北海シマエビも解禁されてありますね。サロマ湖や能取湖のものは7月に解禁になり、もっと大きくてすごく甘みが強く、蒸しエビとしては世界最高です。
その左にあるのが、生の「あぶら蟹」です。タラバ蟹とは甲羅の疣の数が1つ違うだけで、味はほとんど変わりません。これこそ鮮度が命でその日のうちに持って帰り、すぐ茹でて食べると最高です。
f0209434_1154250.jpg
こんな大きな物が安いですね〜。空港で買ったら3倍はしますよ。
f0209434_11541660.jpg
網走空港での、我が愛機です。
[PR]

by adpilot | 2010-06-25 18:39 | グルメ

積乱雲

f0209434_18483166.jpg
少しは夏らしくなってきました。 
本物の積乱雲はこんなものではありませんが、それでも近づくのは非常に危険です。
上空に寒気が流れ込んで大気が不安定になったための前線性の物です。 やはり気象がおかしく、まだジェット気流が時速180kmも吹いており、またその方向が南から北で、その結果地上の梅雨前線も傾いていて北海道にまで雨を降らせています。 
これからの梅雨明け、また夏の気候はどうなってしまうのですかね?
温暖化の影響とは一概に言えませんが、鳥の目としては最近の気候変動をすごく、身近に感じ心配しています。 
[PR]

by adpilot | 2010-06-16 17:46 | 鳥の目シリーズ

宮越屋コーヒー

f0209434_1031931.jpg新橋の宮越屋コーヒー店の1階にある焙煎機です。 コーヒーの味は80%が焙煎で決まってしまうそうです。つまり焙煎する人による訳です。宮越屋でも焙煎をする人は社長を含め2人しか居ないそうです。札幌以外の東京、仙台、名古屋と社長が定期的に焙煎に行っているそうです。 今度上海にも進出するそうですが、中国人にも本物志向が芽生えてきているようです。
焙煎された豆は、理想を言えば豆のままで1ヶ月、挽いてしまえば1週間とかの命で鮮度が大切です。
という事で大手のメーカーの物では難しいかなと言う感じです。是非ここのような自家焙煎の店に行って買ってくる事をお勧めします。
f0209434_10312657.jpg社長の Tシャツからも判るように、氏は大変なギター・コレクターでもあり、オディオ・マニアでもあります。 札幌の宮越屋のライブハウスには氏の友人の有名ミュージシャンがよく出演しており、私も札幌まで見に行きます。
社長と音楽の話をしていると時間を忘れます。
[PR]

by adpilot | 2010-06-13 10:30

USB DAC

f0209434_2325036.jpg
久しぶりにAudioの機材を買い足しました。 前にも少し書いたのですが、Computerを音源とする話です。

古くなったMac miniを居間に置いて、そのiTunesで 96khzにUp sampleしたDigital outを Bird land Audioの Odeon Liteという DACを通して聴いていたのです。 Mac miniのiTunesは iPhoneで Remote Control出来るので、座ったまま iPodと同様にメインオーディオセットを操作でき大変快適です。また、iTunesの音はイマイチだったのですが、Pure Musicというsoftでかなり改善されました。


f0209434_0233620.jpgそんな訳で、少しまた音に対して欲が出てきたところで、この USB DAC を見つけてしまいました。 この Phase Tech の DAC は高精度の Clock generator を内蔵していて、USB以外の入力時には外部にもそのClock signalを供給できます。USB 入力に対しては Computer の Clockは使わず、最短で高精度の Clock をかけジッターフリーな Dataを DAC に送り込みます。 またおまけのように付いているヴィクターの K2 技術による 4倍 Up sampling と Bit 深度の増加(16->20)は非常に効果があり CD の音を滑らかにつややかに換えてくれます。
同じ音源で LP とCD、また LPを自分でDigital化したものを聴き比べると、かなり LPに迫ってきています。 
最近 Hi-reso 音源も出回ってきましたが、それらの再生もこの Phase Tech HD-7A でばっちりです。
The Beatles [USB] というのをご存知でしょうか? これは最近 Remasterされた音源を FLAC形式で USB Memoryに記録し限定販売した物です。 そしてなんとこれはサンプリングレートこそ 44.1khzなのですが、Bit深度が 24bit なので、 CD よりずっと良い音がするのです。
HD-7A すごく気に入っています。
[PR]

by adpilot | 2010-06-13 00:40 | 音楽

かるがも

f0209434_912192.jpg
今日、犬達との散歩で出会いました。 桜が終わったら、もう子育ての時期なのですね。
[PR]

by adpilot | 2010-06-05 09:03

仕事場

f0209434_834586.jpg
猪苗代湖上空から西方を写しています。 遠くに佐渡島が見えます。
拡大してみましょう。
f0209434_84199.jpg
佐渡島の手前が新潟市です。 大きく見える川は阿賀野川で、その向こうに細く見えるのが信濃川です。最近のデジカメはすごいですね。こんなのがほぼ自動で撮れてしまうのですから。

しかし、このように平穏に飛んでいるのは実はけっこうまれな事なのです。 日本の上空と言えば、冬は強いジェット気流、夏は発達した入道雲等でいつも揺れる事が多いのです。 そのような時、我々は揺れない高度を探したり、雲を避けたりしながらベルトサインを点灯させるか等を考えながら、気が休まる事はないのです。 40年飛んでいても突然の揺れには、自分の心拍数が跳ね上がるのが判ります。 たいていの揺れでは飛行機の航行の安全にはまったく問題ないのですが、キャビンのお客様やクルーが怪我しないかが心配なのです。
f0209434_84119.jpg
上記写真を撮った後の私の計器盤です。 下側のディスプレーが航法用の地図でレーダー表示(グリーンとか黄色の影)も重ねて表示されます。 ブルーの丸点は空港の位置を示しています。 よく見るとRJSF(福島)やRJSN(新潟)から現在の位置関係が判ると思います。 最近の?と言っても20年ぐらい前の物でもブラウン管または液晶の集合計器(真ん中の楯2つ)に情報が表示されるためコックピットは結構すっきりしています。 昔(クラシックジャンボ)なら、あと5〜6個の丸い計器が余計に付いていましたね。
[PR]

by adpilot | 2010-06-02 18:03 | 鳥の目シリーズ

北海道から東京へ

f0209434_22393940.jpg
正面が東で右方向が南です。
下北半島の全景で、真ん中の山は釜臥山その向こうに陸奥市があります。画面左の切れた所にマグロで有名な大間があります。
f0209434_22434732.jpg
正面が南で、津軽半島です。
左奥が青森市、正面の山は富士山型の美しい岩木山です。
f0209434_22455986.jpg
青森空港を挟んで左が青森市、右が弘前市と青森市の中間にある浪岡町です。

皆さんもお気づきの事と思いますが、今年も気象が変ですね。梅雨前線はなかなか北上しないし、北海道は雨続きです。そういえば昨年も梅雨の無いはずの北海道でこの時期に雨ばかり降っていました。
関東の梅雨を避けて訪れていたゴルファー達はすごく気の毒でした。
当然、上空の気象状態もとても変です。9,000〜10,000m上空では通常強いJet気流があり、冬の季節より弱まっているとは言えもっと吹いているのが普通ですが、今日はなんと無風です。
ポーラーJetとサブトロピカルJetと言う2本のJet気流がヒマラヤ山脈の下流で合流し、
その結果オホーツク高気圧を作り出すのですが、このシステムがおかしくなっているのです。
南の小笠原高気圧とのせめぎ合いで作られる梅雨前線も当然変になっているのでしょう。
今年の夏はどうなるのでしょうね?
f0209434_2317234.jpg
田沢湖から東方を見ています。奥の山がやはり富士山型の美しい岩手山です。その右奥が盛岡市になります。
[PR]

by adpilot | 2010-06-01 10:37 | 鳥の目シリーズ