<   2013年 08月 ( 8 )   > この月の画像一覧

箱根

友人の IG 夫妻が箱根に居を移しました。 自然に囲まれた素晴らしいロケーション。
f0209434_15175396.jpg

玄関を開けておくと、気持ちよい風が通り抜けて行く。 都心よりは5度以上気温が低く最高!
ここにいると最近の東京の猛暑はうそのよう。 私も、もう都会の生活は耐えられないなんちゃって。

f0209434_1518943.jpg
犬達はピザを取りに行って下さったご主人の帰りをケージの後ろ窓から見はっているところです。

昼ご飯の後、偶然ご近所だった私の先輩 I 氏の別荘を視察がてらお散歩。
それにしても素晴らしいお家ですね〜
f0209434_15182542.jpg

友人宅から歩いてすぐの所に本格的なピザ屋さんがあります。 本当に石釜で焼いたピザは美味しかった。
そもそも「パパス」の社長さんがご自分の別荘のために作ったそうで、別荘街の中にぽつんとあります。
f0209434_15333826.jpg

[PR]

by adpilot | 2013-08-30 11:15

風立ちぬ

映画館でアニメーションを見たのは始めてだった。
これほどの表現力を持っているとは!  凄く驚き、感動した。
特に風の表現力なんか実写では無理かも。 宮崎駿!  凄い!! 私は遅れていた!  「紅の豚」も見ようっと。
f0209434_1515519.jpg

NHK の制作現場を追ったドキュメンタリーも見て、その苦労話等からすると零戦の堀越二郎が主役だったかも知れないが、題名の通り堀辰雄の小説「風立ちぬ」の菜穂子が主役だった気がする。

宮崎駿が堀辰雄の小説の副題、ポール・ヴァレリイの原詩をそのままつけているところからもそうなのかもしれない。
また「生きることを試みなければならない」という直訳も当時の堀越二郎の環境をぴったり表現している所も面白い。

私もパイロットとして飛行機は見た目美しい物が性能が良い事は実感している。  
堀越二郎は、形的にも機構的にも美しい物を目指した。
戦争の問題については、イタリアの先輩ジャンニ・カプローニを夢に登場させる事と、「(零戦は)一機も帰って来なかった」という台詞により全てを語っている。
[PR]

by adpilot | 2013-08-26 12:00

保田「ばんや」

ギタリストの M 氏と東京湾横断クルーズで保田へ。
f0209434_12124931.jpg

刺し網を北に迂回して「ばんや」の真四角な白い建物とブルーの屋根に向かいます。
北側には「ばんや」と書いた大きなクレーンも良い目印です。
f0209434_12274269.jpg

夏休み中なのでウィークデイでもこんなに混んでました。
f0209434_12131829.jpg

ウェイティング・リストに名前を書いて待つ事30分。
f0209434_12133374.jpg

今日も美味しい物がたくさんありましたよ。 ちょうど良い大きさのアジフライと立派な穴子天。
f0209434_1214158.jpg

今日のまぐろは凄く美味しかった〜
f0209434_12143631.jpg

これくらい小さいと「むつ」は煮付けしか無いけど、これもほわほわで美味しかった。
f0209434_12145395.jpg

干物はこれが最高だけど、高くて買えなかった。
f0209434_12135350.jpg

[PR]

by adpilot | 2013-08-23 11:11 | スキー・ゴルフ・ヨット

芦ノ湖カントリー

 今年も猛暑でゴルフは遠のいていたので、久しぶりの芦ノ湖カントリー。

 ここは標高900mほどあり下界とは雲泥の差で気温25度。 雲すれすれの所でした。
 1番は打ち下ろしの広いコースで、スタート・ホールとしては最適です。
f0209434_17555273.jpg

 いつものメンバーで、いざ出陣。
f0209434_1756544.jpg

[PR]

by adpilot | 2013-08-20 10:00

多摩川花火大会

 ゲリラ豪雨の心配はなさそうなので、自転車で近くまで見に行きました。
 20年以上も近くに住んでいたのに会場に行ったのは始めてでした。
f0209434_1643084.jpg

f0209434_1644869.jpg

 やはり、音と火薬の匂いのする所まで近づくといいですね〜
f0209434_165121.jpg

 閉店後のガソリンスタンドは恰好の見物場ですね。
f0209434_1673273.jpg

f0209434_1674957.jpg

f0209434_168372.jpg
 終盤に入り、一度にたくさん打ち上げ始めました。  大迫力! やっぱり近くでこの音を聞かなくっちゃね。

  
[PR]

by adpilot | 2013-08-17 20:03

伊豆利島

まだ行った事が無いメンバーがいたので、伊豆利島に向け出港! 

利島は大島と新島の間にある小さな「あま食」(知らない人が多いかな?三角錐の甘いパン)みたいな島です。
f0209434_2311690.jpg

もうすぐ、波浮港です。 筆島も見えてきました。
f0209434_2259338.jpg

灯台の奥が波浮港です。 距離的に17時には利島に着けそうなのでこのまま向かうことに。
f0209434_225951100.jpg

トウシキノ鼻の沖ですが、凄い潮の流れです。 気持ち悪い海面ですね。 渦巻いている!
対水速度では7kt 出ているのですが GPS では4kt を切ってしまいました。 進まな〜い。
f0209434_23077.jpg

しばらく向い潮の中、対地 4kt でも我慢して西進し、ようやく利島に向かって南下開始。
f0209434_2313929.jpg

17時に利島港に接岸、9時間の Leg になってしまった。
だめなら波浮港と言う事で大島の東側を通って行ったが、やはり西側を行くべきだったかも。
f0209434_2315910.jpg

f0209434_2321623.jpg
東海汽船の待合所。 見ても解る様に民家やお店のある所までは急峻な坂!
f0209434_2323364.jpg

ところで、お盆のせいとイルカ・ウォッチングのためか、6軒ある民宿はすべて満室で、食堂も無い。
こんな島、誰も来ないと多寡をくくっていたけど、夕食はボンカレーと佐藤のご飯という事になってしまった。
f0209434_2325481.jpg


翌日は伊東までのんびりクルーズし、夜はクーラーのある部屋で快適に寝ました。
昔は真夏でも海の上は涼しく、船でも快適だったのですが、ここ数年夜でも気温が下がらない。
f0209434_23542696.jpg

3日目の朝は恒例の「要食堂」で鯖の干物定食。
f0209434_23545092.jpg

無事、油壺帰港。    去年は悪天のため1leg 目で引き返したけど、今年は予定通りで良かった。
f0209434_23552073.jpg

[PR]

by adpilot | 2013-08-12 09:57 | スキー・ゴルフ・ヨット

お盆クルーズ前夜祭

コーラル・シー(ヨット)のメンバー であるY 氏の別荘でお盆クルーズの前夜祭をさせていただいた。
f0209434_1874441.jpg
視程が良ければ真っ正面に富士山が見えるそうです。
ここの海水浴場はプライベート・ビーチみたいな雰囲気があります。 そしてそこにすぐ降りて行けるなんて最高!
f0209434_1875937.jpg
久留和海岸を望む絶好のロケーションで素晴らしい夕日を見ながら、久しぶりの全員集合パーティーでした。
f0209434_1881272.jpg

Y 氏奥方の心づくしのお料理と新鮮な魚は最高です。
f0209434_1882571.jpg

f0209434_188433.jpg
こんな最高の景色があるならず〜とここに住みたいですよね。
f0209434_1885728.jpg

[PR]

by adpilot | 2013-08-11 18:06 | スキー・ゴルフ・ヨット

光悦

30年以上前に手に入れた Moving Coil cartridge です。

始めて聴いた時から、その生々しい再生音の虜になり以来20年以上使い続けて来たのですが、いかんせん針の摩耗とダンパーの劣化で退役していました。
最近、ようやくメンテをしてくれる所が見つかり、重要なコイルはそのままに針とダンパーを交換してもらいました。
f0209434_16231561.jpg
マーク・レヴィンソンが発掘したとされる、その昔の音が蘇りました。 感激!!

Magnepan Unitrack の一点支持のアームと Oracle Turn Table との相性は抜群で、凄く精度の高い音場を再現します。
f0209434_16232967.jpg

f0209434_16234250.jpg
アンプも朝から温めてあったので、今日は安定した空気感たっぷりの音を奏でるレコードを聴き倒すぞ!!
[PR]

by adpilot | 2013-08-07 10:22 | 音楽