モーグル大会

ひょんなことから元フリースタイル女子チャンピオン(1980年代)H氏と知り合い、アジア大会モーグル部門のお手伝いをすることに。

スキー部門の中でも最も苦手とする分野ですが、スキーと英語ということで便利屋さんとして関われそうです。
f0209434_19104858.jpg

間近に見る最近のコブは直線的ですごいですね。 
私なんかとても滑れない。 1ターンで腰を痛めてしまいそうです。
真横で選手の滑りを見ていると、まずバンバンという着地の音の凄さに圧倒されます。 テレビとは全く違いますね。
f0209434_1911794.jpg

この掘っ建て小屋の上で審査結果を集計します。
でもずーっと動かないでいると非常に寒い。  だからこのためだけにインナーダウンを買いましたよ。
f0209434_19112451.jpg

常設コースのある、ここ盤渓スキー場はモーグル競技のメッカなのですね。
f0209434_19113949.jpg

[PR]

by adpilot | 2016-01-30 10:09 | スキー・ゴルフ・ヨット

カムイ  その2

朝、旭川空港でですが、いや〜  今回はよく冷えていますね〜
f0209434_1231171.jpg

夜は恒例の「ふくろう亭」へ。  
日本酒はいつも古川マスターにお任せ。
今回は青森の貴重なお酒「田酒」です。  普通に飲んだら高いよ〜
f0209434_12313654.jpg

ご夫妻とも私の高校時代からのお付き合いだから、長いね〜
f0209434_12315098.jpg


翌日も天気が良く、さらにパウダーも結構残っていて本当に最高でした。
f0209434_1241769.jpg

カメラマンが良いと良い写真が撮れるね。
f0209434_12412351.jpg

北海道に来た甲斐があるというものですね!
f0209434_12413564.jpg

[PR]

by adpilot | 2016-01-25 10:30 | スキー・ゴルフ・ヨット

カムイ・スキー・リンクス  2016.1.24 

朝、先輩夫妻を旭川空港まで迎えに行くため、前日に旭川入り。

まずは、岳人校長と待ち合わせてカムイ山頂へ。
ちょっとだけ登ったところからは最高のパウダーがありました。 超ラッキー !
今年はついているかも。
f0209434_12151037.jpg

手稲ネオパラに行っていたのでパウダーでも少し自信がついていた。
f0209434_12152387.jpg

夜は一人で大黒屋でジンギスカン。  ここのハーブ・ラムも美味しいよ。
f0209434_12154217.jpg

食後は宮越屋珈琲の旭川店を訪問。
f0209434_1216290.jpg

[PR]

by adpilot | 2016-01-24 12:14 | スキー・ゴルフ・ヨット

手稲ネオパラ 2016.1.22

札幌のバックカントリー・スキー・グループの A 氏にその初歩を教えてもらいに手稲ハイランド・スキー場に行ってきました。
『ネオパラ』という斜面はハイランドの男子回転バーンの裏側で、西野の方に降りていくところを言います。
(写真中央の 836mのピークの右側)
つまりリフトはないので滑り降りたら、また登ってこないと帰れません。
だからあまり人が来ず、深雪が荒らされず残っているのですが。
f0209434_12222451.jpg

今回はシールを付けるのも、それで登坂をするのも初めてということでハイランドのスキーセンターの前から男子回転バーンの迂回路をゆっくり登り、踵が外れたビンディングでの歩行を練習していきました。
高低差 300m 行程約 2.5kmで 836m のピークまではなんとか順調に行き、ネオパラの林間滑降は最高でした。

しかし、その後木陰で昼食をとった後が大変!
ラッセルした後を行くとはいえ、深雪の登りは難しく、キックターンが出来ずバランスを崩し転倒。
起き上がるのに時間を要し、体力を大分消耗してしまった。
なんとか回転バーンの上まで登った頃にはもう滑る体力も残っていないという状態で、急斜面を滑り降りるのは死ぬ思いでした。
脚力不足を痛感した本格バックカントリー・スキー初体験でした。
[PR]

by adpilot | 2016-01-22 12:20 | スキー・ゴルフ・ヨット

鮨なか

澄川にお住いの T 氏ご夫妻とたまに伺うお店なのですが、とても美味しいですよ。

ご主人の中野さんは北海道出身ではないそうですが、有名店すし善で修行されたそうです。
うちのカフェにも来てくださったりで、とても気さくな人です。
f0209434_1130649.jpg

ミシュランの星を持っていることは前から知っていたのですが、ようやくその話が聞けました。
調査員が来たことは後から知ったそうで、その発表もこの手紙が送られてきただけだそうです。
あの大騒ぎしているミシュランの星争奪戦とは程遠い感じですね。

f0209434_1130211.jpg

北海道版は初回以来改定されていないそうで、ラッキーでしたね。
この、のんびりしたところが北海道らしいかな。
でもその味が維持されているかは行ってみないと判らないですよね。
[PR]

by adpilot | 2016-01-19 20:29 | グルメ

ブラジリアン・ギター

阿部パキさんと飛澤さんのデュオ・ライブです。
f0209434_11153097.jpg

いつもながら阿部さんのタイトなピアノと飛澤さんのジャジーなブラジリアン・ギターの相性は最高でした。

しかし、連絡不足かお客さんは2人だけで私のために演奏してくださったようなもので申し訳なかった。
f0209434_1115444.jpg

なんと、話してみると飛澤さんは私の友人である宮之上さんのギター道場にいたそうです。
何かの縁ですので、飛澤さんにジャズギターを教えてもらおうかな。
[PR]

by adpilot | 2016-01-15 20:14 | 音楽

BISSOH

夜の美食に備えて、運動をしに手稲ハイランドまで来ました。  まあまあのスキー日和でした。
f0209434_1433595.jpg


エネルギーを消費し、準備万端、いよいよ TAKU円山でのワイン会です。

『BISSOH』とはブルゴーニュ地方ボーヌにある澤畠ご夫婦が経営される日本料理店です。
(http://www.bissoh.com/)
今回はその澤畠さんと TAKU の和田くんとのコラボレーションです。

たくさんのドメーヌに自ら足を運び、造り手さん達とコミュニケーションをとっている澤畠シェフに用意していただいたワインはブルゴーニュ好きのワイン愛好家達も十分満足させるものでした。

今回TAKU円山で、現地でのエピソードを伺い、ブルゴーニュの造り手の顔が少し見えてきました。

お刺身とのコラボレーションは、なんと私の好きなシャンパーニュ Jacques Selosse Initial でした!
f0209434_14334662.jpg

白ワインでデカンタージュはあまりしませんが Philippe Pacalet のような自然派の野生酵母にこだわったものには効果があるのでしょうか。   しかし変わった形の美しい容器ですね。
f0209434_14335931.jpg

f0209434_1434184.jpg

Simon Bize のドメーヌは日本人の奥様 千砂さんが運営されていますが、この 2011年は旦那様がまだ生きていらした時のヴィンテージです。
f0209434_14345118.jpg

f0209434_14351328.jpg

澤畠さんのような日本人が本場ブルゴーニュの真ん中に店を出し評価も高いことは喜ばしい限りです。
狭い日本にこだわらず、世界に羽ばたきグローバルに生きる人達がもっと増えてほしい。
f0209434_14352879.jpg

最高の相性のチーズたちと、少し黄色いものはワカメバターです。
最近、海藻入りのバターがフランスのブルターニュ地方で話題になっていますが、和田シェフの故郷 奥尻産ワカメを使ったバターも最高の相性です。  さすが〜
f0209434_14355871.jpg

そして、今回澤畠さんが用意したサプライズ・ワインは、なんと 1966年のジブレシャンベルタンでした。
色が抜けて琥珀色に近くなっても、まろやかで力強い味わいはさすがです。
大切に保存された50年物のワインを賞味できるなんて、すごくラッキーでした。
f0209434_14361125.jpg

f0209434_14363448.jpg

ちなみに、今日のワイン達です。   贅沢ですね!

・Jacques Selosse Initial

・Chablis 1er cru Beauroy ’13 /Philippe Pacalet

・Meursault Clos des Ambres ’10/Arnaud Ente

・Savigny les Beaune 1er cru Les Vergelesses ’11/Simon Bize

・Chambolle Musigny ’11/Georges Roumier

・Nuits st Georges 1er cru Clos de la Marechale ’11/F.Mugnier
[PR]

by adpilot | 2016-01-13 20:31 | グルメ

真冬のレンジ

信じられます?   こんな外気温なのに!
f0209434_2027115.jpg

こんな時に来てみた私も私だけど、みてくださいほぼ満席ですよ。
f0209434_20272323.jpg
でも背景が真っ白なので飛んでいくボールが見えなくて、着弾点もわからない!  あ〜あ。
強力な温風ヒーターがあっても、すぐ前に行かないと効かない!
f0209434_20274053.jpg

やっぱりスキーに専念しよう!
[PR]

by adpilot | 2016-01-11 10:45 | スキー・ゴルフ・ヨット

はたまたご近所のお蕎麦屋さんです。

週一は少なくとも通っていますが、蕎麦だけでなく鴨が最高なのです。
熱い「かえし」を鴨にかけ、そこにお蕎麦をつけて食べるのですが美味しい!  山椒の相性が抜群にいい。
f0209434_2041187.jpg

夜の部にある蕎麦懐石もすごくいいですよ。
4品の懐石料理と天ぷらと蕎麦で十分な量もあり、この洗練されたコースが ¥2,500 ですよ。
さらになんと最後の蕎麦を鴨せいろか鴨南蛮に変えても ¥3,000 なんだな〜 これが。
[PR]

by adpilot | 2016-01-10 12:24

連町防災避難場所運営研修

うちの町内会の防災担当副会長として「連町」すなわち連合町内会のイベントに参加してきました。

避難勧告が出た場合に近くの一次避難所から、しばらくいることができる二次避難所へ移動する必要があるんですね。
そして、我々町内会役員はまずその二次避難所を設営しなければなりません。
伏見3丁目の場合、伏見中学校がそれにあたり、施錠してある場合にも侵入する方法とか防災無線の扱い方、施設の利用方法等のブリーフィングを受けてきました。
f0209434_18451240.jpg

f0209434_18452568.jpg

引っ越してきたその年の9月に豪雨のため避難勧告が出たことがありました。
でもその時の対象地域の名称に馴染みがなかったため自分のところだとは理解できませんでした。
聞きなれない幌西地区として出ていたからです。 ひどいですよね。住民サイドの視点が欠落していますよね。
まあ、このことで苦情が多く出たらしく、今は分かりやすい住所表記で勧告が出されるようになったようです。

東京にいた頃は考えてもみなかった地域との関わりが大切なことを実感しています。
[PR]

by adpilot | 2016-01-08 10:43